先週の結果

00256.gif

00257.gif

予想・馬券ともマイナス。開催替わりで恐る恐るの土曜はプラスだったが、馬場を見ての日曜日がダメだった。人気についてもここ最近は適正に近いオッズだったが先週はまた大口参上か過剰人気が多かった。レースを見て感じる事が多い土日の競馬だったので思いつく限りを書いてみたい。


時系列で書いて行くと、最初は福島ダート戦での武と戸崎の騎乗内容。土曜6・8Rと内に入った戸崎を本命にしたが、外から武が押して気迫の逃げ切り。土曜の平場ながら久々福島参戦の武のハッスルプレーに場内からは拍手が上がっていた。一方で戸崎はただ普通に乗るだけで故障発生と4着。

「全レース全力で勝ちに行ける武さんの西はいいなあ。関東は勝ち過ぎると上の連中がうるさいんですよ」という声が聞こえてくるような平凡な騎乗だった。武からすると、「つまらねえ奴だな。勝てる馬に乗っていて、腕があるなら勝ちに行けよ。俺の記録も抜くなら抜け!」というところかもしれない。昨夏のレパードSではケイティブレイブで逃げる武をグレンツェントの戸崎が測ったように鮮やかにゴール前で差したが今もう一度やるとあっさり武が逃げ切りそうだ。

次が問題の土曜東京最終レース。ディープジュエリー勝負だったので結果オーライで済ませていいのだが考えさせられる事が多い。理想というかこれだったら納得出来たという形は内など最初から開くわけもなくルメが右往左往して負けるか、内を狙うも閉められるかだったろう。致命的な出遅れをした人馬に責任があるのでそれが自然だったと思う。

そういうレース内容なら馬券は外れていてもまあまだ関東競馬も健全に施行されていて皆が勝利や上位を目指しているなと思ったのだが結果はルメのイン突き抜け1着。どうしてあんな所が開くのだろうとパトロールビデオを見ると皆が終始内を空けて回ってきていた。AコースなのにBコースを走るようなレース。

これがちょくちょくあるんだわ、東京は。特に雨や道悪の日。安全のためか芝の保護のためか知らないが、少なくとも美浦所属の日本人騎手は事前に周知されているように誰も内を通らない。今回も土曜午後から雨だったのでそういうお触れが出ていたのかもしれない。

しかし関西のジョッキー、特に外人騎手には関係なし。出遅れても日本のレースでは内が開くのでイージーイージー。誰も通らないインから差を詰めてそのまま直線も内から抜けさせてもらうよという騎乗で見事大出遅れをリカバーした。この形で運に恵まれたのは覚えている大レースでは秋天エイシンフラッシュのデムとスプリングSロサギガンティアのデム。後者は今回と同じような完全な出遅れ万事休すに近かったが開いた内からスルスル上がって行ってアジアエクスプレスを封じ込めた。

今回レース後の2chでは吉田を責めるスレが立っていたが、本人も加担していたとはいえ吉田もある意味勝手な内空けルールの被害者。ここは誰も通ってはいけない事になっていただろう!という気持ちかもしれないが、ファンの側からすると勝手なルールを作らず、レースではただ勝つ事、上位に来る事だけ考えて乗れよ!ではないだろうか。今回はラッキーな側だったが逆に理不尽な騎乗でやられる事もあるだろう。序列上位のベテランが仕切る関東競馬には問題と限界を感じる。


日が変わって日曜日。同じく時系列で行くと最初は東京6R。人気のカマクラで猿が負けてこちらはハイドロフォイルを取らせてもらったのだが、おそらく猿はギクシャク乗って負けるだろうなと思っていた。後藤を死に追いやってもイン突き以外の騎乗を身に付けず、勝てば未勝利戦でも神経逆撫でのガッツポーズ。レース後のコメントも拒否という姿勢を貫いていたがJRAか騎手会からか知らないが指導が入ったようでスタイル一変。イン突きもほとんどしなくなったし、ガッツポーズも封印。猿語ながら喋るようにもなった。

しかしそんな岩田は馬券的には狙えないジョッキーに成り下がった。経験だけはあるので道中で勝てるかどうかの判断が出切るぐらいしか評価する点が無い。ただの乗り役が増えた中での個性埋没。前述したように先週は過剰人気が多く、断然人気馬が飛ぶケースも散見されたがこのレースも見せ場も無く沈んでしまった。もう誰も落とす事もないだろうが同時に魅力も消えた。

次が荻野。こちらはいい方だったが初の東京で2勝。日曜のラジニケ1でブック松本が語っていたように東京は初めて乗るジョッキーには難しいコース。日曜大活躍だった和田もオペラーで勝つまでは一つも勝てなかったし、リスポリだったかの外人も直線の長さに苦労していた。しかし二年目の荻野があっさり2勝。もう先輩ジョッキーたちにはプロの厳しさを教えたり、東の洗礼を浴びせるような気持ちもないかもねえ。ある程度乗っているだけで高収入の既得権連中。怪我無く長く乗れれば十分ではないだろうか。

時間的には福島が先だが流れで東京メインに。田辺ホウオウパフュームを狙ってみた。年明けから戸崎を抑えてトップを走っている田辺だが、いつも書いているように確かに考えて策を練って乗ってはいるが抜群に伸びたという印象は受けない。あえて重賞の1番人気馬で狙って腕や成長を確かめてみたが結果から書くと8着敗退。スローの流れで前を固められると対応策を見出せずに見所無く負けた。今回の騎乗内容で判断すれば並のいい騎手レベルではないだろうか。このままトップを取るのかもしれないが凄みは感じない。

最後に福島メイン。フジノパンサー勝負だったがスタートをへぐって逃げどころか前走よりも後ろからの競馬。それでもメンバーに恵まれて大外一気を決める勢いだったのだが・・。コメントとJRA発表を確認するとスタンドの影に馬が驚いて跳んでバランスを崩したという事だ。

ああ、そうなれば仕方ないと納得出来たファンは何割ぐらいなのだろうというのが買っていたこちらの気持ち。思い出すのが朝日杯タガノテイオー藤田の騎乗。故障を分かっていながら追って2着入線。レース後賛否が分かれたが個人的にはこれがプロの姿勢ではと感じた。馬と関係者には申し訳ないがレースでの故障・予後不良は経済動物の宿命。走ってほしいという願いとともに賭けられているのは大きなお金。圏内に入線する可能性があるならレース中は走らせる事に専念するのがプロのジョッキーだと思う。

今回のように影に驚いたり、芝とダートの切れ目でジャンプする馬はいる。問題はその際の判断。今回は故障ではないと考えて追い直していれば上位があったように思う。昔勝春が故障と勘違いして追うのをやめた時にはJRAも処分を下したし、当時は今よりは健全だったメディアもちゃんと勝春を叩いていた。今はスポンサー絶対のメディアだからカズオを擁護するか触れないだろう。買ったファンは諦めるしかないのか。そもそも裏開催とはいえメインレースの1番人気馬に三流に近い二流騎手が乗っている状況が問題なのかもしれない。馬の力で狙ってみたが自分の中では勝っていたレースがまた一つ増えてしまった。

最後に先の皐月賞の馬場について、柏木集保がJRAは馬場をいじりすぎと書いていた件に触れて終えたい。今回の皐月賞の馬場変化は昨夏の中京で一週前の極悪不良馬場から条件戦で日本レコード級の時計が出る超高速馬場に一変したケースと似ていた。なので柏木のおっちゃんには馬の脚への負担といった綺麗事ではなく、こんだけ馬場が変わったら予想出来ねえ!当たらねえ!!と言ってもらった方がファンの声を代弁しているように思うw

今週色々書いたのは全て馬券を買うファンの立場からの感想・意見。個人的にはもう問題が多い関東と裏開催は流してもいいなと感じている。来期は馬券も含めて勝負レースとライブコメントは西の主場だけにしたい。ではまた週末に。

             

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
2017年秋競馬

00303.gif

お気楽夏競馬

00298.gif

予想成績 2016-17 (シーズン終了)

00269.gif

騎手総評

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

単勝ハンター

Author:単勝ハンター
馬券は単複派。主な予想ファクターは調教と血統です。ラジニケ2を聴きながら西のレースをまったり予想して行きます。別ブログもよろしく。

(14年3月9日設置)