今週の結果

00297.gif

最終週も少し負けて終了。6月の阪神開催から今日の小倉までを夏競馬期間としたが回収率は83%だった。馬券的に夏は大幅レートダウンで集計の表題にもお気楽と付けているように参考期間。何とか還元率の80%だけは超えられたので最低限の数字はクリアして終了したかなという感想。中京の不振が響いた形なので得手不得手がハッキリしたのが個人的な収穫だった。

この夏競馬で露呈したのが騎手層の薄さ。夏休みだったり、海外遠征だったりでトップジョッキー不在だと本当に各場まともに買えるのは一人か二人という惨状。今日のレースが終って札幌リーディングはルメール。今週9勝。4つは取らせてもらったが1200mだけは酷かったなw それでも他と比べれば数段上。2週だけのモレイラも12勝したので馬主ではないが買う側としても頼れる外人待ちという状態だった。

小倉リーディングは幸。そして重賞は北九州記念に続いて武。今日狙って結果を出してくれたのも和田。アラフォー、アラフィフがいつまでも上にいる状況。一方で浜中、川田は狙って失敗。ヴァイザーの机も目も当てられない酷い騎乗。浜中と机は完全に裁決に潰されて腑抜け。川田は打算既得権騎乗。目標も無くまだ乗れるので乗っているだけのベテランを買うしかない状況が続くのか。厳しい裁決で若手は誰も上手くならないと昨年末に書いたが本当にその通りの状況で暗黒時代に突入したと言ってよさそうだ。

新潟は戸崎。そこそこで十分の戸詐欺発動でも余裕でトップ。この騎手も今後さらに上を目指す事もないのでは。セーブしても外様が一人勝ち状態の関東。新人の武藤、西では二年目の荻野極が勝ち星を延ばしているが減量が取れてからが勝負なので上を脅かすレベルに至るかはまだまだ何とも。


最後にひとつ、夏競馬を数字で語ってみよう。11連敗中。何の事かというと昨日までの重賞レースにおける1番人気馬の成績だ。土曜のラジニケ1でノモケンが喋っていた。記録というのは意識すると止まるもので早速昨日の札幌2才Sで1番人気のロックディスタウンが勝利。何とか連敗を止めて今年の夏競馬が終った。

そういや夏重賞は人気馬がろくに勝ってなかったなと調べてみた。6月以降の平地重賞は27レースあったが勝ったのは七夕賞のゼーヴィント、函館2才Sのカシアス、そして昨日のロックディスタウンの3頭だけだった。勝率11%、単勝回収率35%という酷い数字。

理由は上で書いたような騎手の低レベル化。先週のムスコローソの負け方は2~3年目の若手が初めて重賞で1番人気馬に乗ったが、トップジョッキーたちのプレッシャーに負けて何も出来なかったような酷さ。しかし乗っていたのは15年選手の大野。人気に対する責任感も薄く、責任を感じていても無理をすると即騎乗停止で何も出来ない。それがこの数字に表れているように思う。制裁を厳格化した裁決の責任も大きい。

そんな荒れ方だった夏重賞なので自分の成績も悲惨だったのだろうと調べてみたら本命で勝ったのは鳴尾のステイインシアトル、ユニコーンのサンライズノヴァ、函館SSのジューヌエコール、プロキオンのキングズガード、クイーンSのアエロリット、小倉記念のタツゴウゲキ、札幌2才Sのロックディスタウンの7頭だった。

単勝率が26%で、回収率は意外や149%。さてこれをどう考えるか。荒れた夏重賞だったが単純に1番人気馬を買うよりはずっといい勝率と回収率。ただ穴目の馬は前夜の評価だとBかせいぜいB~ABランク。大きくは買えていなかった。しかし今の騎手レベルでは人気馬でも勝てない、勝ちに行けない。穴馬を狙える時は、というか積極的に穴目を狙ってパンクしないように買えればプラス。そんな競馬が続くのか変わるのか。予測が付かないまま秋競馬突入ですわ。ではまた週末に。

             

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
2017年秋競馬

00303.gif

お気楽夏競馬

00298.gif

予想成績 2016-17 (シーズン終了)

00269.gif

騎手総評

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

単勝ハンター

Author:単勝ハンター
馬券は単複派。主な予想ファクターは調教と血統です。ラジニケ2を聴きながら西のレースをまったり予想して行きます。別ブログもよろしく。

(14年3月9日設置)