今週の結果

00299.gif

秋競馬開幕。フォワ賞遠征のためルメ不在で人気馬が集まったデムを狙いまくってみたが仕上がり途上な馬も多く、2~3着止まりの結果。そして重賞では前走狙った馬でそのデムにやられるという相性の悪さを発揮してマイナススタートとなってしまった。始まったばかりだが年内でこのブログは終了するのでスタートは決めたかったというのが本音。残念な開幕週だった。

重賞振り返りはセントウルSから。勝負のメラグラーナは4着。馬券的にはこれが一番痛かった。雨で不本意なレースが続いたので開幕週良馬場の今回は結果に拘って乗ってくるのではと考えたが真逆の前哨戦競馬。脚は測れたので本番は楽しみになったが最低限の3着には持って来てほしかった。

特に残念だったのは直線での進路取り。後ろからのレースをするのならせめて直線は大外を選択して欲しかったが中途半端な中までで止めて捌こうとせずあとはそのまま真っ直ぐ。今年よ見る光景だが今はたった一頭すら捌こうとしないからなあ。痛い痛い4着でしたわ。

次に京成杯。ダノンリバティ狙いだったがこれも道中は押しながら前は取れずに中団からの競馬。前か後ろか極端な競馬を選択してくれればと予想したが道中は外れを覚悟する脚を使いながらのどっちつかずの位置取り。結果的には勝ったグランシルクの位置まで下げて乗れていればという感想になったが松若にそこまでの柔軟性はないので長く脚を使って3着に走ってくれた馬に感謝の一言。セントウルでやられた後だったのでここの複勝300円は大きかったですわ。土日トータルでマイナスに終ったが来週に繋がる3着だった。

最後に土曜の紫苑S。これを材料に今後の事を書いてみたい。狙いはディアドラ。今は西のレースしかブログでは勝負していないが馬券は勝負だった。結果はハナハナ差ながら何とか1着。猿で外枠だったので覚悟はしていたが首差程度でも完勝の予定、予想だった。接戦の原因は超大外のコース取りなのだが問題はここだ。稀代のイン突きジョッキーだった猿もマイルCS以降の裁決・制裁強化によって枠なり騎手に。猿に限らず皆がそうなのだが道中でも全くインに潜り込ませる事も出来ず、せずの枠まま騎乗。この競馬を一年近く見せられてきた。

懐かしいレースを一つ貼ってみたい。ダンスインザダークの菊花賞だ。実況の人は若くしてリタイアさqれてしまったんだよなぁと全てを懐かしく思い出してしまう。この時のダンスは皐月賞を熱発で回避、人気を背負ってのダービーは無難に乗って2着。最後の一冠だけはどうしても獲りたかった陣営だが最悪の8枠を引いてしまった。

当時の馬場管理は今ほど完成されておらず、仮柵によるコース設定もC→B→Aと使ったりだった。この時がどうだったか忘れたが絶対的に内有利な状態だった。武は「勝ちに行っていいですか?」と訴えて陣営から承諾を得て渾身の騎乗。序盤は内へ入れる事だけを考えて少し下げて内から2頭目へ。ここでも十分だったが2週目の4角手前ではさらに最内へ潜らせてコーナーを回った。

そして最後の直線では今の競馬のように詰まって流すだけで終了など有り得ないような切り裂き方。それもただの運ゲーではなく、全馬全騎手を詳細に観察・検討してどれがいつ下がってくるかも計算に入れていたかのような進路取りで最後は前を行く馬をしっかり外から捉えて優勝。見事に菊の大輪を手にした。ダンスはこのレースで引退する事になったがサンデー系の激戦時代に20年近く種牡馬として活躍し、血を繋いだ。大きな大きな何ちゃらパンではなく、結果的にこの菊花賞は本当に大きな大きな一勝だったと思う。

この時私の馬券はフサイチコンコルドだったのだが券種は複で的中。初めて複勝勝負(10万円)というのをやったので今でもよく覚えているし、この辺りの時期が私の競馬の原点になっている。なのでこの時の武の騎乗が基準になってしまったので今の騎手(現在の武を含めて)にはどうしても辛くなってしまう。

単複派は一頭の馬を買う事が多く、レース中もスタートからゴールまでその一頭と一人の騎手だけを見ている事が多い。そのため騎手の巧拙を早く覚え、馬券も騎手中心でやっている人が多いのではと思う。私もそのやり方で馬券は騎手中心に買って来た。だがどうやらその時代は終わりつつある。再三書いてきた裁決・制裁強化が原因だ。先ほどの菊のダンスのような騎乗は難しい。外枠を引いたら無難にそのまま外から乗るしかない状況だ。

元に戻るとそれが今回のディアドラの猿だった。内容はこちらの想定以上の大外差しで結果は辛勝。このレースをどう予想して、どう馬券を買うべきだったかで今揺れている。今回予想はディアドラにしたが、その理由は【単勝勝負】というブログをやっているからというのが大きい。馬の力で予想して、単勝から入ってこの馬にした。このままでもいいが、もう外枠を引いた時点でずっと外を回らされるのは決定。それなら内目前目の馬から入って、複を狙う、ディアドラはワイドの相手に使うという予想も可能ではある。

単勝から入るという予想もぼやけてきている。それも現在の騎乗スタイルが原因だ。単穴的な思い切って勝ちに行く騎乗は困難。本当は単勝は本命、対抗。単穴の3頭からオッズやレースにあった馬を一頭選び直す事が必要だが単穴的な騎乗は減った。本命馬だけ決めて、もう単も複も全部その馬にしておこうという無難な予想になってきた。それが前夜予想の【本命馬】である。

とりあえず前夜に本命馬を決めて、当日は単勝予想に拘らず、単複、或いはワイド中心の連勝系も自由に考えてみようかなという気持ちが芽生えている。複勝狙いは簡単なようだが選択肢が増えるので当日の収支に左右されて失敗も多い。それでも少し自由が欲しくなった。単勝ブログをやっているとどうしても縛られてしまう。なのでこれをやめて一度当日フリーな状態を作ってみたくなった。

このシフトが大失敗の元になる可能性も高いが、これまでのように単を意識する予想を続けるにしても予想の中心は騎手ではなく馬の方にシフトせざるを得ない。馬の予想だとパドックを含めた当日の状態把握もしたい。いずれにしても当日に今のブログを動かしながらやるのは厳しくなってきたというのがこの夏に出した自分なりの結論だった。一度ライブブログから離れてレースや騎乗の変化が見られたら、そして自分の馬券スタイルの再検討と確立が終ったらまた何かライブでやるかもしれませんが、秋競馬のスタートに当たって現在の気持ちを書かせて頂きました。

ではまた来週。

             

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
2017年秋競馬

00303.gif

お気楽夏競馬

00298.gif

予想成績 2016-17 (シーズン終了)

00269.gif

騎手総評

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

単勝ハンター

Author:単勝ハンター
馬券は単複派。主な予想ファクターは調教と血統です。ラジニケ2を聴きながら西のレースをまったり予想して行きます。別ブログもよろしく。

(14年3月9日設置)